* 子供用エプロンの作り方 *



小学校でも幼稚園でも使える子供用のエプロンの作り方です。
型紙いらずの簡易版、ひもつきです。



ジグザグ縫いやロックミシンなどの端ミシンが必要ないので、
手縫いでもミシンでもOK。
ポケットやレースもつけていますが、省略することも出来ます。
女の子向けのかわいいエプロンです。
私は130cmの小2の娘のサイズで作っています。



※子供用三角巾などの作り方も紹介しています。
赤ちゃんと子供と自分のための手作りハンドメイド小物(一覧)


☆出来上がりサイズ☆
サイズ詳細は下記にして紹介。
・切り替えなし ・ひもつき  ・裏地なし 
☆向いている布の種類☆
・シーチング・オックス
※布の種類については~布の種類と購入サイズの決め方~で詳しく書いています。

それでは初めての方むけに詳しく作り方を見てみましょう!

* ステップ1(事前準備1) *



まずは生地を裁断してみましょう。
私はチャコペンと定規などで生地に直接線を引いて裁断します。(型紙は作らないです)
(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)

☆材料☆

・上記図と同様の布 1枚(本体)
・8cm×48cm の 布 1枚(首ひも)
・8cm×50cm の 布 2枚(腰ひも)
・ポケット用生地適量
・レース適量
私は今回はオックスを使いましたが、シーチングでも良いでしょう。
☆サイズの計算方法☆
(違うサイズで作る場合や型紙を作る場合の参考にしてください。)
(計算式)
出来上がりサイズ + 縫い代 2cm(左右上下)  
※出来上がりサイズの周囲にぐるっと縫い代を2cmとるだけでOKです。


☆作り方の手順の確認☆
まずは完成図から簡単に全体の作業の流れをつかみましょう。
<完成図(裏)>

番号の順番通りの工程に沿って作っていきます。
①ひもを3本作る。
②上を三つ折りで始末して縫う。
③わきを三つ折りで始末して縫う。
④下を三つ折りで始末して縫う。
⑤左右を三つ折りで始末して縫う。
⑤ポケットをつける。
※裏地つきなので、ロックミシンやジグザグ縫いなどの始末は必要ありません。
※イメージしにくい方は、使い古しのタオルなど、
いらない生地を1つ犠牲にして、
手縫いで試作品を作ってみると分かりやすいですよ♪



* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:ひもを作る。



端ミシンをせずにひもを3本つくります。


↓このように折りたたみます。




↓左右の端から0.2cmのところを直線縫いをします。


~端ミシンのいらないタグの作り方~で詳しい作り方を書いています。
※首用のひもは切りっぱなしのままでもかまいません。

工程2:上を三つ折りで始末して縫う。



エプロンの上を、端ミシンをしなくてすむよう三つ折りにしてから、直線縫いをします。
※縫い初めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
↓くるっと折ります。


↓もう1回くるっと折って、切れ端を中に折り込みます。

※アイロンをかけると縫いやすくなります。

↓首ひもを差し込みます。


↓首ひもを上に倒します。

※反対側も同様に差込み折り返します。
※後から脇の部分も折りこんでぬいますので、首ひもは端から2、3cm内側に差し込みます。
↓内側の端から0.2cmのところを直線縫いします。

※ひももつけたまま一緒に縫います。

↓レースをつける場合は、
エプロンの表に、少しはみ出すくらい長めにカットしたレースを縫い付けます。(省略可)

※上から0.2cmのところでレースをエプロンに直線縫いで縫い付けます。
↓レースをつけない場合は、
生地は違いますが、下のように首ひもだけさらに縫います。
エプロンの作り方
※反対側の首ひもも同様に縫います。

工程3:わきを三つ折りで始末して縫う。



エプロンのわきを、工程2と同様に、端ミシンをしなくてすむよう三つ折りにしてから、直線縫いをします。
※縫い初めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
※工程2でレースを縫いつけた場合は、レースの端も一緒に巻き込んで三つ折りにして縫います。


↓レースを巻き込んで縫ったところです。


工程4:下を三つ折りで始末して縫う。



エプロンの下を、工程2と同様に、端ミシンをしなくてすむよう三つ折りにしてから、直線縫いをします。
※縫い初めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
↓工程2と同様にくるくるっと巻きます。

※アイロンをかけると縫いやすくなります。
↓内側の端から0.2cmのところを直線縫いします。

↓レースをつける場合は、
エプロンの表に、少しはみ出すくらい長めにカットしたレースを縫い付けます。(省略可)

※上から0.2cmのところでレースをエプロンに直線縫いで縫い付けます。
↓裏から見るとこんな感じです。


工程5:左右を三つ折りで始末して縫う。



エプロンの左右を、工程2と同様に三つ折りにしてから、直線縫いをします。
※縫い初めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
↓くるくるっと折ります。

※アイロンをかけると縫いやすくなります。

↓腰ひもを差し込み外側に倒し、
内側の端から0.2cmのところを直線縫いします。

※反対側も同様に差込み折り返します。
※ひももつけたまま一緒に縫います。
※工程4で、下にレースをつけた場合は、レースの端も一緒に巻き込んで縫います。

↓生地は違いますが、下のように腰ひもだけさらに縫います。
エプロンの作り方
※反対側の腰ひもも同様に縫います。

工程6: ポケットを縫いつけます。




ポケットをつけない方はこちらの工程は省略してください。
※ポケットの作り方とつけ方は端ミシンなしのポケットの作り方をご覧ください。
↓ポケットはこんな風に上を三角にして縫いつけていくのが一般的です。

↓私はレースがあり、三角には縫いにくいので、下のように縫いました。

※左上→左下→右下→右上へと縫っていきます。
※ポケットをつける位置はお好みでかまいません。
私は、娘に実際に着させてみて、ちょうどよさそうな位置にポケットをつけました。

工程7:完成です♪




お疲れ様でした♪♪
レースもつけてちょっと大人っぽく仕上げたつもり♪
ドット柄なので、飽きずに長く使えるといいなあ・・・v
※子供用エプロンなどの作り方も紹介しています。
赤ちゃんと子供と自分のための手作りハンドメイド小物(一覧)

↓今回紹介したものは、こちらの黒×ピンクのドット生地を使いました♪

↓レースはこちらの黒です。
こちらのレースは使い勝手がよく、
しかも店頭で買うよりたくさん入って断然お安い!!