たかがミシンの糸のようですが、ミシンの糸にも選び方があります。

入園グッズを作るために、初めて手芸やさんに行った時、
色とりどりのミシン糸の膨大な品揃えに
「うっわ~!!すっごいキレイ!!」
とウキウキした反面
「同じ色でも種類がいっぱいあって、一体何を買えばいいのか分からない!!」
と思った記憶があります(;^_^A。


そんな私の失敗談を踏まえて、笑
知っておくと便利なミシン糸の選び方です。

ミシンの糸には実は太さによって番号がつけられているんです。

ミシンの糸は「20番→30番→40番→50番→60番→80番→90番→100番」と
番号の数字が大きいほど細くなっています。

家庭用で一般的な糸の太さは50番、60番です。

キルティングもシーチングという薄めの生地だったら
50番、60番くらいで十分だと思います。

番号の次は糸の長さを見ます。

ミシンの糸の長さも100m、200m、500mと色々あります。

一般的な長さは200mです。

実際に縫うだけでなく、布の周囲にロックミシンやジグザグ縫いをする分も糸が必要ですから、少し長めに用意しておきましょう。
(私が初めて入園・入学グッズを手作りした時は200mの60番の白のミシン糸を1つで足りました)

同じ色のミシン糸のようですが、実は太さと長さが違っていたんですねww

ちなみに糸の色の選び方ですが、
大体生地と同じような色を選ぶと縫い目が目立たなくてよいと思います。

逆に縫い目を目立たせたい時は、生地の色と違う色を選んで遊んでみてもいいでしょう。
(例えば黒地に赤い糸のステッチ、白地にピンクの糸のステッチ、などは糸の色が映えてキレイです。)

私は、ミシン糸の色に迷ったら大体「白」を使うようにしています。

薄いピンクから濃いピンク、水色やパープルなど、黒地でなければ大体の生地に「白」はあいます。

お裁縫をする機会の多い方でしたら色々な色の糸を持っていても邪魔にならないと思いますが、
あまりしない方は、糸ばかりたくさんあっても使う機会がなかなかないものです。

白のミシン糸でしたら、余ってもちょっとした修繕などにも使えますよね。


ミシン糸1つ購入するだけでもつまづいた
超!裁縫初心者の私の体験談でした(;^_^A

☆参考までに糸の値段の相場です↓
・綿帽子     ・・・200m60番 210円 (赤糸買いました)
・ドラッグぱぱす・・・1000m50番 522円(白のみ)
・↓ユザワヤさん 235円は若干高めですが、他の商品は結構安めです~(白以外もあります)

・↓手芸のいとやさん 210円 色々な色があります。生地に合わせて糸も選んでくれますよ☆


今のところ最安値は、白以外の糸の場合は 200m 210円 です~。