* お弁当袋の作り方 *



初めてでも簡単に作れるお弁当袋の作り方(縫い方)を紹介します。

特に幼稚園児の場合は、
お箸&スプーンセットの入れ物が大きいので、
幼稚園でも小学校でも使えるように少し大きめサイズで作っています。
裏地なしのお弁当袋です。

[caption id="attachment_2866" align="alignnone" width="210"]簡単なお弁当袋(裏地なし切り替えなし)の作り方 簡単なお弁当袋(裏地なし切り替えなし)の作り方[/caption]

※他にもお弁当袋の作り方を公開しています。
お弁当袋の作り方(一覧)




☆出来上がりサイズ☆
縦16センチ×横28センチ×マチ11センチ
・切り替えなし ・マチあり  ・裏地なし 

☆向いている布の種類☆
・シーチング・オックス
※布の種類については~布の種類と購入サイズの決め方~で詳しく書いています。
やや難しい明き口の始末が2箇所もあります><
それでは初めての方むけに詳しく作り方を見てみましょう!



* ステップ1(事前準備1) *



まずは生地を裁断してみましょう。
(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)

☆材料☆
・30cm × 50cm の布 1枚
・丸ひも(中) 赤 130センチ 1本
私はチャコペンと定規などで生地に直接線を引いて裁断します。(型紙は作らないです)

☆サイズの計算方法☆
(違うサイズで作る場合や型紙を作る場合の参考にしてください。)

(計算式)
出来上がりサイズ + 左右の縫い代 1cm×2 +袋の入り口の部分(袋口) 3.5cm×2 + マチ 11cm 

・28cm(出来上がりサイズ) + 縫い代(左右) 2cm = 30cm
・16cm(出来上がりサイズ)×2 + 袋口 3.5cm × 2 +マチ 11cm = 50cm



☆作り方の手順の確認☆
まずは完成図から簡単に全体の作業の流れをつかみましょう。
<完成図(表)>

<完成図(裏)>

番号の順番通りの工程に沿って作っていきます。
①端処理をします。(ロックミシンかジグザグ縫い
②袋状にします。
③明き口を仕上げます。
④袋口を三つ折りで始末します。
⑤マチを作ります。
⑥生地をひっくり返して、生地の表を出したあと、丸ひもを通します。
※イメージしにくい方は、使い古しのタオルなど、
いらない生地を1つ犠牲にして、
手縫いで試作品を作ってみると分かりやすいですよ♪



* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:端処理をします。




本体の左右の脇にあたる部分に、ロックミシンかジグザグ縫いをします。
※袋口は後から裁ち目が隠れるので、裁ち目の処理はしなくてもかまいません。
初めての方や、一日で作業が終わる自信の無い方は、周囲にぐるっと一周ロックミシンかジグザグ縫いをしておくことをオススメします!
その方がキレイな状態で保管しておくことができます。
ちなみに私は周囲にぐるっと裁ち目の処理をしています。
(※ジグザグ縫いとロックミシンについては、こちらを参考にしてください。)

工程2:袋状にします。



表が内側になるように半分に折ります。

半分に折った生地の左右の両端から1cmを直線縫いします。
わになっていない上部、8cmは縫わずにあけておきます。

※縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
工程3:明き口を仕上げます。

縫わずにあけておいた8cmの部分を1cm折り、明き口をつくります。
(反対側の縫わずにあけておいた部分も同様に折ります)

※アイロンをかけておくと縫いやすくなります。
縫いやすいように、折った明き口が中心になるよう折り目を変えます。
反対側の明き口も同様になります。

※実際の画像でも確認します。


生地がこのような形になっていればOKです。
※先ほどの画像の円で囲まれた部分を拡大します。(次の<拡大図>参照)
<拡大図>
縫わずにあけてある明き口8cmを0.5cm幅でコの字に縫います。
反対側の明き口も同様に縫います。

※縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
※左上→左下→右下→右上の順番で縫うと縫いやすいです。
※左下→右下の直線部分はいたみやすいので返し縫いをします。
(※ミシンで縫う方向を変える方法についてはこちらを参考にしてください)
↓縫い終わるとこのようになります。

反対側の明き口も同様になります。

工程4:袋口を三つ折りで始末します。



袋口を三つ折り(袋口2.5cm、内側に1cm折りこむ)にしアイロンをかけます。
※円で囲まれた部分を拡大します。(次の<拡大図>参照)

<拡大図>
袋口を三つ折り(袋口2.5cm、内側に1cm折りこむ)したところです。
反対側の袋口も同様に折ります。

※袋の口の処理を丁寧に頑張ると、出来上がりのキレイさが断然違ってきます。
 袋口は2.5センチの幅でしっかり折り目をつけてアイロンをかけましょう。
 ここをしっかり頑張らないと、まっすぐ縫えない原因になります。
※後から紐を通しやすくするために、袋口は少し大きめでとっています。
幅2.5cmのきわ0.2cmのところを直線縫いをします。
反対側も同様に縫います。

※縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
↓縫い終わると画像のような縫い目となります。(実物:拡大図)


工程6:マチを作ります。



袋の底をつぶしてマチを作ります。
※円で囲まれた部分を拡大してマチの作り方を確認します。(次の<拡大図>参照)

<拡大図>
袋の底を画像のようにつぶしてマチを作り、
片側5.5cm、合計11cm となる部分を定規で測りながら見つけて、直線縫いをします。
反対側も同様に縫います。

※縫い代は外側に倒しておきます。
※縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
↓縫い終わるとこのようになります。

反対側も同様になります。

工程7:丸ひもを通します。



生地を表に返し、
65センチ 2本 に裁断した丸ひもを、左右から1本ずつ通します。
ゴム通しや安全ピンやヘアピンなどを使って通します。

※丸ひもはほつれやすいので、ひもを通す作業の直前に切ります。
※結び目が右に1つ左に1つになるように、1本目は右から、2本目は左から通します。
 袋口の幅を大きめにとってあるので丸ひもが2本でも通しやすいと思います。
 個人的に、ヘアピンの場合は丸みのある方から入れたほうが通しやすいと思いました。
 (中でひもがぬけやすいですが、気をつけてください☆)
 中で縫い代や糸にひっかかってなかなか通らないことがありますが、
 無理に通そうとせず、やさしく通してあげてくださいね♪
※丸ひもの結び方が良く分からない・・・という方は、丸ひもの結び方をご覧ください。

工程8:完成です♪



[caption id="attachment_2866" align="alignnone" width="210"]簡単なお弁当袋(裏地なし切り替えなし)の作り方 簡単なお弁当袋(裏地なし切り替えなし)の作り方[/caption]

リボンも余り布で作って縫い付けました♪
※布でリボンを作る詳しい作り方はこちらを参考にして下さい。
お弁当袋は明き口と、袋口をキレイに縫うのがやや難しいですが、ゆっくり丁寧にやれば大丈夫です!

↓今回使用したのは、こちらの赤と

↓朱赤の丸ひもです。

※他にもお弁当袋の作り方を公開しています。
お弁当袋の作り方(一覧)