* 防災頭巾カバー(椅子にかぶせて使う背もたれ式タイプ)の作り方 *



防災頭巾カバーの作り方(裏地なし切り替えなし)

防災頭巾カバー(椅子にかぶせて使う背もたれ式タイプ)の作り方を紹介します。
椅子にかけて使う背もたれ式タイプです。
キルティングで作っています。
もち手があり、マジックテープで開閉します。

※他にも防災頭巾カバーの作り方を公開しています。
・背もたれ式防災頭巾カバーの作り方(一覧)



<出来上がりサイズ>
縦34センチ×横44センチ(カバーの部分は縦27センチ)
・切り替えなし ・マチなし  ・裏地なし

●まずは全体の流れを簡単に確認します●
* もち手を仮止めする。



防災頭巾カバーの作り方

* カバーをつける。



防災頭巾カバーの作り方

* 袋口を縫う。



防災頭巾カバーの作り方

* 左右の両端を縫う。



防災頭巾カバーの作り方

全体の流れはなんとなくイメージできましたか??
大まかな流れとしては、もち手のとりつけ→カバー部分のとりつけ→袋口→左右の両端の順番に作っていきます。
縫う場所は決して多くはありません。
ですが、縫いつける順番が分かりにくいのと、
キルティングが何枚も重なっている部分が厚みがあり縫いにくいため、
初めての方にとって難易度は高いと思います><。
それでは初めての方むけに詳しく作り方を見てみましょう!

* ステップ1(事前準備1) *



まずは生地を裁断してみましょう。(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)
<材料>
・78cm×46cm   1枚(黒無地  バッグ本体用です)
・29cm×46cm  1枚(赤ドット カバー用です)
・7cm×42cm     2枚(赤ドット もち手用です。もち手を手作りしない場合は、アクリルテープ84cm)
・マジックテープ 7cm 2枚

防災頭巾カバーの作り方

私はチャコペンと定規などで生地に直接線を引いて裁断します。(型紙は作らないです)
袋口となる部分(バッグ本体の上下の部分)は後から裁ち目が隠れるので、裁ち目の処理はしなくてもかまいません。
初めての方や、一日で作業が終わる自信の無い方は、周囲にぐるっとロックミシンかジグザグ縫いをしておくことをオススメします!
その方がキレイな状態で保管しておくことができます。
ちなみに私は周囲にぐるっと裁ち目の処理をしています。

☆サイズの計算方法
(本体を違うサイズで作る場合や型紙を作る場合の参考にしてください。)
出来上がりサイズが縦34センチ×横44センチ(カバーの部分は縦27センチ)なので、
それに袋の口の縫い代を5cm、左右の縫い代2cmを足します。
バッグ本体は底をわにするので、1枚で裁ちます。
・縦34cm(出来上がりサイズ)×2(裏表分) + 縫い代(袋口) 5cm×2(裏表分)= 78cm
・横44cm(出来上がりサイズ) + 縫い代(左右) 2cm = 46cm
よって、今回は縦78cm×横46cmの布を1枚用意します。
カバー部分は
・縦27cm(出来上がりサイズ) + 縫い代(上下) 2cm = 29cm
・横44cm(出来上がりサイズ) + 縫い代(左右) 2cm = 46cm
よって、今回は縦29cm×横46cmの布を1枚用意します。

ステップ2(事前準備2)



<もち手をつくりましょう!>
防災頭巾カバーの作り方
縦42cm×横7cmで裁断した2枚の生地から、
縦42cm×横2.5cm のもち手を 2本 作っておきます。
もち手を手作りしない場合は、アクリルテープ 84cm を 42cm 2本に切っておきます。

もち手を手作りする方法はこちら↓
持ち手の作り方(ミシン)
持ち手の作り方(手縫い)

<アイロンをかけておきましょう!>
あとの作業を楽にするために、アイロンをかけておきましょう。
↓カバー用の布(赤ドット)は上下1cmを折り、アイロンをかけます。
防災頭巾カバーの作り方
↓本体用のカバー(黒無地)は内側に1cm折り込みながら
縫い代幅4cmの三つ折りにしてアイロンをかけます。
↓こんな風に折ります。
防災頭巾カバーの作り方
防災頭巾カバーの作り方

ステップ3(作ってみよう!)



工程1:マジックテープをつけます。



生地の中央にマジックテープをつけます。
防災頭巾カバーの作り方
手縫いでもミシンでもOKですが、手縫いの方がキレイにつけられると思います。
手縫いの場合はまつり縫いで縫い付けます。
私はついでだったので、ミシンで縫いました。
折り込んだ縫い代を一度開いて、縫い代の部分のみに縫い付けます。
表から見たときに、マジックテープの縫い目が見えないようにするためです。
↓分かりやすいよう、赤糸で縫いましたが、見えにくくてごめんなさい><
防災頭巾カバーの作り方
↓ミシンでぬいつけたところです。
防災頭巾カバーの作り方
ミシンで縫う場合は上下の部分はマジックになっている部分を縫わないように
すると縫いやすいです。
やってみるとわかりますが、マジックになっている部分をミシンで縫うと
縫い目が飛んだりあちこちに縫い目が行ってしまったりします。
左右の部分はマジックの無い部分がないので、
仕方なくマジックの部分もミシンで縫いましたが、
左右は縫う距離が短いのでなんとか縫えます(^^;)
とにかくミシンで縫っても、手縫いで縫っても、
マジックテープは固くて縫いにくいです><。
ブスッブスッと針が通る感じです。
※手縫いの方は最後にマジックテープをつけてもOKですよ~。
要するに、縫い目が表に出なければいいのです!笑
※手縫いの場合のマジックテープのより詳しい縫い付け方はマジックテープの縫い付け方を参考にして下さい。

工程2:もち手を仮止めします。



もち手をつけます。
防災頭巾カバーの作り方
中心から左右6cmずつ、合計12cm間をあけ、
1cm折り返してあった布の上から持ち手を仮止めします。
防災頭巾カバーの作り方
防災頭巾カバーの作り方
布の裏表に気をつけてください☆
事前準備で折った4cmの縫い代はいったん広げて
1cm折り返したところの上に縫い付けていますよ~
このように縫うとバッグの表面に縫い目がでません。

工程3:カバーをつけます。



カバーの上下1cmを事前準備でアイロンをかけておきましたね。
その上下の下の部分の縫い代1cmのきわ0.2cmのところを直線縫いします。
防災頭巾カバーの作り方
バッグ本体の表に、カバーを縫い付けます。(縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに…!)
防災頭巾カバーの作り方
事前準備でアイロンをかけておいたので、
縫い代4cm+内側1cmの部分を上に広げると、上から5cmのところにすでにしっかり折り目がついていますね!
その折り目にあわせて、カバーを置き、折り目のすぐ下を直線縫いします。
カバーを置く向きは、先ほど裁ち目の始末をした方が下、1cm折ってあるだけの方が上です。
袋口に縫い目を出さないようにするために、
縫い代(マジックテープがついているところ)は必ず上に広げたまま縫ってくださいね!

工程4:袋口を縫います。



バッグ本体の袋口の縫い代4cmのきわ0.2cmを直線縫いします。(縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに…!)
防災頭巾カバーの作り方
普通のレッスンバッグなどでは最後に袋口を始末しますが、
防災頭巾カバーの場合はカバーの開く部分とバッグ本体がくっついてしまわないように
先に袋口を始末します。
カバーがついていない方の袋口も同様に縫います。
カバーとバッグ本体を縫い付けないために
カバー(赤ドットの布)は上に持ち上げたまま縫います。
縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに☆
↓このようにもち手は下に下げたままで縫います。
防災頭巾カバーの作り方
もちろん、もち手も上に上げて一緒に縫ってしまっても間違いではありません。
ただ、この部分は厚みがあるため針が折れることもあり、大変縫いにくいので私は避けています><。

工程5:もち手を縫います。



カバーがついている方のもち手は、カバー(赤ドットの布)を上に広げたままで縫い付けます。
防災頭巾カバーの作り方
もち手を上に上げて、もち手の部分のみ直線縫いをします。
何度か返し縫いをして丈夫にしておきましょう。
防災頭巾カバーの作り方
カバーがついていない方の袋口にも同様にもち手を縫います。
↓もち手を縫ったところの拡大図です。
防災頭巾カバーの作り方

工程6:左右の両端を縫います。



左右の両端を縫い代約0.5cm~1cmくらい(なるべく短め)で直線縫いします。(縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを忘れずに…!)
防災頭巾カバーの作り方
この工程が防災頭巾カバーの一番の難関ポイントです。
厚みがあり縫いにくいです。
パワーのないミシンだと生地が進んでいかず、手回しで縫った、針が折れたなどの体験談も聞いたことがあります><
バッグ本体の間にカバーがきちんと挟まっているか確認しましょう。
防災頭巾カバーの作り方
私はまち針でとめてずれないようにしてから縫いました。
キルティング3枚を縫わなくてはいけないので、厚みがあり縫いにくいですが頑張りましょう!
↓最後に両端を縫うので、袋口はこのような縫い代になります。
防災頭巾カバーの作り方
ひっくり返した時に、この縫い代部分がごわごわするので、
両端の縫い代は1cmよりやや短めの方が見た目がキレイです。
どうしてもこの端の部分のごわつきが気になる場合は、
裏地つきの防災頭巾カバーを作ることをオススメします。

工程7:完成です♪



お疲れ様でした!!生地を裏返してやっと完成です♪
防災頭巾カバーの作り方
防災頭巾カバーは、縫う箇所はそれほど多くないのですが、
手順がややこしいので初めての時は難しかったです!
しかも厚くて縫いにくい!
初めてでもうまく縫うのは大変かもしれませんが、
是非挑戦してみてくださいね☆

今回紹介したものは↓こちらで作れます。
↓こちらの赤と

↓こちらの黒です。