* 特大デカ布リボンの作り方 *



簡単でかわいい特大デカ布リボンの作り方を紹介します。



特大デカ布リボンは存在感抜群!
ただのシンプルなきんちゃくも、とっても華やかに仕上がります。
厚みがあると扱いにくいので、普通のコットン布を使って薄く仕上げています。
レッスンバッグのポケットや、お弁当袋や、体操着袋などに気軽にデコってみましょう。

布リボンの作り方


* ステップ1(事前準備1) *



まずは生地を裁断してみましょう。
(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)
<材料>
・リボン本体用の布 1枚
・リボンをとめる用の布 1枚
つけたいものによって、サイズは変更しましょう。
今回私は、横幅23センチ(袋口部分は28センチ)高さ30センチの体操着入れの装飾として
作りましたので、
・16センチ×32センチ(リボン本体用の布) 1枚
・10センチ×10センチ(リボンをとめる用の布) 1枚
を用意しました。
(出来上がりサイズは横幅約30センチ、縦7センチくらいのリボンになります。)
(つけたいものの横幅よりも1,2cm横幅は大きくしておきましょう。)
私はチャコペンと定規などで生地に直接線を引いて裁断します。(型紙は作らないです)
布リボンは後から裁ち目が隠れるので、裁ち目の処理はしなくてもかまいません。

* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:リボン本体を作ります。



布リボン本体用生地を横長において、上下半分に折ります。
分かりやすいように、布の一部をめくっておきますね。
布リボンの作り方
上と右を縫い代1cmで縫います。
※手縫いでもミシンでも大丈夫です。ちなみに私は手縫いです(*^^*)。
布リボンの作り方
あいている左側から生地を裏返します。
布リボンの作り方
↓裏返しました。
布リボンの作り方
あいている部分の生地を少し中に折りこみながら閉じます。
布リボンの作り方
※コの字とじという方法で縫うと、キレイに閉じられますが、
今回の布リボンの端は隠れて見えなくなりますので、
私は面倒なので普通の直線縫いで閉じました(^^;)。
※布リボンの端が表から見えるようなものに取り付ける場合は、必ずコの字とじなどでとじ、
表から見えないようにします。
※コの字とじの方法は基本の縫い方*コの字綴じ*の方法をご覧下さい。
中央をリボンの形になるようくしゅっとつまんだまま、中央をぐしぐし縫いとめます。
布リボンの作り方
※縫い目は見えなくなるので、形が崩れないよう止まっていればOKです。
これでリボンの本体は完成です♪

工程2:リボンを止める部分を作ります。



布リボンをとめる用の生地を上下半分に折ります。
布リボンの作り方
分かりやすいように、布の一部をめくっておきますね。
上と右を縫い代1cmで縫います。
布リボンの作り方
※手縫いでもミシンでも大丈夫です。ちなみに私は手縫いです(*^^*)。
あいている左側から生地を裏返します。
布リボンの作り方
布リボンをとめる用の生地を、リボン本体に巻きつけ、長さを確認します。
布リボンの作り方
※後からひっくりかえしたり、リボン本体を通したりするので、
あまりきつくなりすぎないように、少しゆるめにしておきます。
巻きつけて確認した長さで端を縫います。
布リボンの作り方
余った部分をはさみで切り落とします。
布リボンの作り方
ひっくり返します。
布リボンの作り方

工程3:完成です♪



中央の穴にリボン本体を通して、形を整えれば出来上がりです♪
布リボンの作り方
※リボンの縫いつけ方は、特大デカ布リボンの縫い付け方をご覧ください。

今回使用したのは
↓こちらの生地のピンクと

↓マイメロです♪


※他にも布リボンの作り方を公開しています♪
布リボンの作り方(一覧)