* 蝶々結び形の布リボンの作り方 *



簡単でかわいい蝶々結び形の布リボンの作り方を紹介します。

レッスンバッグやシューズバッグ(上履き入れ)を作った余り布で出来ます。




二枚を重ねて作るので、厚くなりすぎないよう薄めのコットン布で作ります。
ミシンがなくても手縫いで簡単に作れます♪
布リボンの作り方

※他にも布リボンの作り方を公開しています。
布リボンの作り方(一覧)

今回のリボンは大きさの違う同じ形のリボンを2つを束ねて作ります。
↓下の画像のように、大きさの違う同じ形のリボンを2つ用意します。
布リボンの作り方
↓2つのリボンを中央のリボン止めで束ねます。
布リボンの作り方
以下詳しく作り方を紹介します。

* ステップ1(事前準備1) *



まずは生地を裁断してみましょう。
(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)
<材料>
・縦10cm×横15cmの布 1枚 (リボンの上の部分)
・縦13cm×横17cmの布 1枚 (リボンの下の部分)
・縦7cm×横3.5cmの布 1枚 (リボンの中央の部分)
※私は上のリボンより下のリボンを少し大きめで作ったほうが好みなので、下のリボンを上のリボンよりも大きめにしています。
お好みに応じてサイズは変えてください☆
私はチャコペンと定規などで生地に直接線を引いて裁断します。(型紙は作らないです)
蝶々結び形の布リボンは後から裁ち目が隠れるので、裁ち目の処理はしなくてもかまいません。



* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:リボン本体を作ります。



布リボン本体用生地を横長において、上下半分に折ります。
分かりやすいように、布の一部をめくっておきますね。
布リボンの作り方
上と右を縫い代1cmで縫います。
※手縫いでもミシンでも大丈夫です。ちなみに私は手縫いです(*^^*)。
布リボンの作り方
※分かりやすいように布の一部をめくってありますが、縫うときは戻してくださいね♪
あいている左側から生地を裏返します。
布リボンの作り方

↓裏返しました。
布リボンの作り方
あいている部分の生地を少し中に折りこみながらコの字綴じで閉じます。
布リボンの作り方
※縫い始めは、画像のように生地の間から針を出すと、玉止めが内側に隠れます。
縫い終わりも、縫い目の隙間に玉止めをギュッギュッと押し込んで隠します。
※コの字綴じの方法は基本の縫い方*コの字綴じ*の方法をご覧下さい。

中央をリボンの形になるようくしゅっとつまんだまま、中央をぐしぐし縫いとめます。
布リボンの作り方
※縫い目は見えなくなるので、形が崩れないよう止まっていればOKです。
これでリボンの本体が1つは完成しました♪
同様の手順で、もう1つ大きさの違う同じ形のリボンを作ります。
布リボンの作り方

工程2:リボンを止める部分を作ります。



布リボンの作り方
リボンをとめる用の小さい布を3つ折りにします。
布リボンの作り方
※あとから裁ち目が隠せるよう、キレイな3つ折りではなく、端は少し内側に寄せておきます。
布リボンをとめる用の生地を、リボン本体に巻きつけ、長さを確認します。


布リボンの作り方
※後からひっくりかえしたり、リボン本体を通したりするので、
あまりきつくなりすぎないように、少しゆるめにしておきます。
巻きつけて確認した長さで端を縫います。
布リボンの作り方
余った部分をはさみで切り落とします。
布リボンの作り方
ひっくり返します。
布リボンの作り方
これで切りっぱなしだった裁ち目が内側に隠れました。

工程3:完成です♪



中央の穴にリボン本体を通して、形を整えれば出来上がりです♪
布リボンの作り方
レッスンバッグやシューズバッグにとりつける時は、手縫いで、中央部と端を表面から目立たないように縫い付けます。

今回紹介したものは
↓こちらのピンクを使用しています。


※他にも布リボンの作り方を公開しています。
布リボンの作り方(一覧)