* リボンのヘアゴムの作り方(子供用・手縫い) *



簡単でかわいいリボンのヘアゴムの作り方を紹介します。


大きめリボンと円形レース、ハート型のビーズを使ってヘアゴムを作りました。




グルーガンや、ワイヤーがなくても作れますので、
本格的にヘアアクセサリーをつくったことがない全くの初心者の方でも気軽に簡単に作れます♪

ヘアゴムの作り方(子供用)


※他にもヘアゴムの作り方を公開しています。
子供用の髪飾り・髪留め・ヘアアクセサリー・ヘアゴムの作り方(一覧)


(グルーガンとかワイヤーとか専用の道具があったらさらに楽につくれるのかもしれませんが、
グルーガンとかワイヤーとかって普通は持ってないですよね~(^^;)。
ここでは専用の道具を使用しない方法のため、少し余計な手間がかかるかもしれませんが、
時々作るだけなら針と糸でも十分いろいろなヘアアクセサリー作りが楽しめます♪)
それでは詳しく作り方を見てみましょう♪

* ステップ1(事前準備1) *



まずは生地を裁断してみましょう。
(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)
<材料>
・2.5センチ幅のリボン 35cm 1枚
・円形レース(ピンク) 1個
・ハート型ビーズ (白)1個
・丸ゴム(3.0mm)(白) 20cm




* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:リボン本体を作ります。



リボンを35cmに切ります。

※↓画像のようにリボンの先は少しななめにカットします。

(リボンは大変にほつれやすいです。作業している時に触るだけでどんどんほつれてくる可能性があります。なのですが、ほんの少しななめにカットするだけで大分ほつれなくなります。
※それでもほつれが心配な場合は、きったらすぐに手芸用ボンドで切り口を固めてしまいましょう~。
※ライターの火で端をあぶってもいいのですが、火をつかうので、ちょっと抵抗ありますよね。(^^;)
リボンを蝶々結びにします。

この時、左右でリボンの下のひもの部分の長さが違っていたら、切りそろえてもいいと思います。

工程2:円形レースとビーズをつけます。



本来は、レースを縫って円形にするのですが、とっても便利な丸型レースというものが販売されていますので、今回はそちらを使用します。


リボンを裏から針を刺し、円形レース、ビーズの順で針を通します。

ビーズの上下の穴に針をくぐらせて、3,4周縫います。

もう、完成が見えてきましたね~v


工程3:ゴムをつけます。



丸ゴムを20cmの長さにカットします。

※私は、我が家の長女が髪が多く細めのゴムだと束ねきらないので3mmの太めのゴムをチョイスしましたが、細めがお好みの方は細めのゴムをご用意ください。
丸ゴムを輪にします。

余分なゴムをはさみでカットします。

リボンとゴムを裏で縫いとめます。

※リボンに針を通しながらぐるぐるゴムを糸で巻いてとめます。
※ゴム自体に針を通してもいいのですが、かなり力がいるので、私はゴム自体には針は通さず、ぐるぐる糸で5周ほど巻いているだけです。(^^;)

工程4:完成です♪



簡単ヘアゴムの出来上がりです♪

↓長女の髪につけるとこんな感じです~。

大きめリボンは、ポニーテールに良く合います♪♪
リボンの下の紐が長くたれていると、遠くから見てもインパクトのあるヘアアクセサリーになります☆
今回紹介したものは以下の商品で同じものが作れます。
↓こちらのピンクと

↓こちらのピンクと

↓こちらと

↓こちらです。
ジャンボハートビーズ

ジャンボハートビーズ
価格:302円(税込、送料別)


※ビーズは100円均一ショップにもありますので、のぞいてみてください♪♪
※円形レースは特に安くて万能!!なので、オススメです♪♪

※他にもヘアゴムの作り方を公開しています。
子供用の髪飾り・髪留め・ヘアアクセサリー・ヘアゴムの作り方(一覧)