* シュシュの作り方(子供用・基本形・手縫い) *



簡単でかわいいシュシュの作り方を紹介します。


女の子用のかわいい基本のシュシュの作り方です。
子供用に小さめに作っていますが、サイズを変更することもできます。
手縫いで作っていますが、ミシンでもOKです。






一般的な手順と違う自己流の超!簡単なシュシュの作り方です(*^^*)
シュシュの作り方(子供用)

それでは詳しく作り方を見てみましょう♪

* ステップ1(事前準備1) *



まずは生地を裁断してみましょう。
(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)
シュシュの作り方(子供用)
<材料>
・縦10センチ×横30センチの布 1枚
(横の長さは30センチ~お好みでOKです。私は2回くらい巻ける長さが良かったので30センチにしました)
私はチャコペンと定規などで生地に直接線を引いて裁断します。(型紙は作らないです)
シュシュは裁ち目が全て内側に隠れますので、ジグザグ縫いやロックミシンは必要ありません。
今回は手持ちの余り布を使って作りましたが、サテンなど光沢のある素材の方がかわいいかもしれません~。




* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:シュシュを筒状にします。



生地を横長において、底をわにして、半分におります。
左右を3cmぐらいずつ縫わずにあけておき、残りを縫います。
シュシュの作り方(子供用)
縫わずにあけておいた部分からあとでゴムを通したりしますので、縫わずにあけておく部分はあまり狭くなりすぎないようにしておきます。
生地を表に返します。
シュシュの作り方(子供用)
細長いのでちょっと返しにくいかもしれませんが、ゆっくりいきましょう~。
↓表に返した両端は、3cmくらい縫わずにあけておきましたので、左右の端はこんな風にまだ開いています。
シュシュの作り方(子供用)

工程2:シュシュを輪にします。



右と左の端をくっつけるように半分に折り、縫い代1cmで縫います。

※右と左の端は生地の表がくっつくように(中表に)あわせます。
↓縫い終わると、こんな風になります。

※縫い代は左右に割っておきましょう~。(アイロンはつかわなくてもOKです。指と爪をつかって割りました)
これでシュシュが輪になりました♪
もう完成の形が見えてきましたね♪

工程3:シュシュにゴムを通します。



ピン止めや安全ピンなどをつかってゴムを通します。

※私は手持ちにこれしかなかったので、いわゆるパンツのゴム(笑)を通しましたが、
太めの髪用のゴムなどでもOKです。
↓ゴムを中で縛るとこんな感じです。

この後の工程になると、もうゴムの調節ができません。
この工程の段階で、実際に髪につけてゴムを好みの長さに調節します。
↓私は長女に試しでつけてみました。

私は、2回くらい巻ける長さで、ゴムが髪から抜けてしまわないように、かつ縛りにくくならないように・・・ゆる過ぎずきつすぎずの長さに調節しました。

工程4:あいているところをとじます。




縫わずにあいておいたところをコの字綴じでとじます。
※コの字綴じの方法は基本の縫い方*コの字綴じ*の方法をご覧下さい。
↓コの字綴じの縫い終わりの玉結びは、生地と生地の真ん中に作ります。

↓玉結びを針などで、生地と生地の間に押し込ん出しまえば見えなくなってキレイです。


工程5:完成です♪



これで基本のシュシュは完成です♪
シュシュの作り方(子供用)

今回使用したのは
↓こちらの赤です。


※他にもヘアゴムの作り方を公開しています。
子供用の髪飾り・髪留め・ヘアアクセサリー・ヘアゴムの作り方(一覧)