* 特大デカ布リボンの縫い付け方法 *



かわいい布リボンを簡単に縫い付ける方法を紹介します。
手縫いと、ミシンを併用していますが、手縫いだけでもOKです♪


こちらでは布リボンの縫い付け方について紹介しています。
布リボンの作り方については、特大デカ布リボンの作り方をご覧ください。




* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:リボンを本体に縫い付けます。



リボンを取り付けたい生地の上に置きます。
布リボンの縫い付け方
※私は、横幅30センチの体操着袋に取り付けようと思って、
横幅30センチで切り出した生地をリボンにしたのですが、
ご覧の通り、生地の横幅より小さくなってしまい
とりつけるのに一苦労し、若干失敗しています><。
なので、横幅30センチの生地に取り付けたい場合は、
リボンは1、2センチくらいで長めの横幅になるよう
31センチか32センチくらいで生地を切り出してリボンを作ってみてくださいね(*^^*)
※とりつける位置はお好みで決めてかまいません。
私の場合は体操着袋なので、きんちゃくのひもを引っ張ったときに邪魔にならない位置にしようと思い、
真ん中よりもやや下の位置に取り付けることにしました。
リボンの両端を縫います。
布リボンの縫い付け方
あとから見えなくなるので、直線縫いでOKです。
ミシンでも手縫いでもかまいません。
リボンが動かないようにするための仮止めの作業です。
リボンの裏から、手縫いで縫いとめます。
布リボンの縫い付け方
↑こちらの画像のように、大体5箇所くらい止めるとしっかりします。
このとき、縫い目は表に出ないようにします。
どのようにするかというと…
リボンは1枚の布を半分に折って作っていますので、
2枚の布が重なってできています。
そのうち下の部分の布だけすくって縫っていきます。
↓こんな風にリボンの生地の下だけをすくって…針はリボンの2枚の布の真ん中を通して…
布リボンの縫い付け方
下の生地がキルティングの場合は、下の生地も二枚でできていますので、
二枚の生地の上だけすくって縫えば、裏側にも縫い目がでません。
今回の生地はキルティングではないので、縫い付ける側の生地の裏に縫い目が出てしまいますので、
リボン側の縫い目はやや大きめに、縫い付ける側の生地の縫い目はやや小さめにとり、
縫い付ける側の生地の裏にも余り縫い目が出すぎないようにしています。
↓縫いはじめと、縫い終わりの玉止めもこんな風にリボンの裏の内側の方に作れば目立ちません。
布リボンの縫い付け方
ミシンでリボンをとめる部分の両端を縫います。
布リボンの縫い付け方
ここを縫い付けると、しっかりしますし、
縫い目は表面に出てしまいますが、キャンディの包みのようにぷっくりとするのが個人的に好みなので、私は縫います。
この工程はお好みなので、省いてもかまいません。
↓私はミシンで縫いましたが、厚みがあり縫いにくかったので、手縫いでもかわいいかもしれません♪
布リボンの縫い付け方

工程2:完成です♪



これで縫いつけは完了です♪
布リボンの縫い付け方
↓実際の体操着袋にはこんな風についています。
布リボンの縫い付け方
※こちらの体操着袋の詳しい作り方は
体操着袋の作り方をご覧ください。