* ループつき雑巾の作り方(小学校用) *



小学校用のループつき雑巾を
使い古しや新品のタオルを2分の1のサイズに切って作ります。



もちろんミシンでも、手縫いでもOK!(私は手縫いです)

低学年でもしぼれるように、薄手につくっています。

小学校用ぞうきんの作り方


※他にも雑巾の作り方を公開しています。
雑巾の作り方(幼稚園・小学校用)(一覧)


* ステップ1(作ってみよう!) *



工程1:雑巾をつくります。



使い古しや新品のタオルを縦長に置いて半分に切ります。
小学校用ぞうきんの作り方

ちょっとくらい曲がっても大丈夫です!大体の感覚で半分に切ります。
心配な方はチャコペンなどで線を引いてから切りましょう。
タオルの端(上下)の厚くなっている部分をはさみで切り落とします。
(切り落とさなくてもいいですが、切り落とした方があとから縫いやすくなります)
小学校用ぞうきんの作り方

ついでに左右の端の厚くなっている部分も切っちゃいまーす☆
小学校用ぞうきんの作り方

このみみをうまく使って縫ったりしてもいいんですけどね・・・。
私は2分の1サイズだと、ちょっと横長になりすぎるので、横の長さを少し短く調整する意味もこめて切りました~。
↓左右上下のみみを切り落としたところを実際の画像で確認します。
(実際の画像)
小学校用ぞうきんの作り方

生地を横長に置いて、内側に表地がくるように半分に折りたたみます。
小学校用ぞうきんの作り方

縫い代0.5cmでL字のように縫います。
小学校用ぞうきんの作り方

半分に折った時、わになっていない方(切った方)を縫いますよ~☆
四方のうち縫っていない一箇所から生地を引っ張り出し、表に返します。
小学校用ぞうきんの作り方
※表に返すと、きりっぱなしでほつれやすくなっている部分が内側にしまわれます。

小学校用ぞうきんの作り方
柄がある場合は、柄が表に出てきます。
生地を引っ張り出した部分はまだ口が開いています。
先ほど縫ったL字の縫い目は表から見えなくなります。

工程2:ループをつけます。



丸ひもを15センチに裁断します。
小学校用ぞうきんの作り方
丸ひもはほつれやすいので、作業の直前に切ります。

※丸ひも以外に、綾テープや、洗えそうなラッピング用リボンでもOK。
先ほど生地を返したまだ縫っていない部分を
1cm内側に折込みながら、角に丸紐を半分に折って作ったループを挟み込みます。
小学校用ぞうきんの作り方

↓ループを差し込んだところを実際の画像で確認します。
(実際の画像)
小学校用ぞうきんの作り方

ループを縫います。
小学校用ぞうきんの作り方

負荷のかかる部分なので、ミシンなら何度か返し縫いを多めにします。
手縫いでも、何度か同じところを縫って丈夫にしておきます。

工程3:雑巾を丈夫にします。



まだあいている部分を直線縫いをしてとじながら、縫い代0.5cmくらいで四角に縫います。
小学校用ぞうきんの作り方

先ほどループをつけたところから続けてそのまま四角に縫っていきます。
手縫いの方はちょっと時間がかかるかもしれませんが、ちくちく
気長にいきましょう♪

ゴールから続けて、対角線上に縫っていきます。
小学校用ぞうきんの作り方
ミシンの方は
先ほどゴールまで縫った部分から一筆書きのように続けて
対角線を結ぶように縫うと、糸を切ったり、返し縫いをしたりする手間が1つ省けます。
もちろん、決して一筆書きで縫わないといけない、というわけではないですよ~。(*^^*)

対角線をまっすぐ縫うのは難しいですが、雑巾ですし、
白地に白い糸で縫っていると縫い目も目立たないので
私は曲がっててもあまり気にせず縫ってしまいます。
心配な方はチャコペンなどで線を引いてから縫ってくださいね♪
(※ミシンで縫う方向を変える方法についてはこちらを参考にしてください)
反対の対角線も結ぶように縫います。
小学校用ぞうきんの作り方

内側も四角に縫うとさらに丈夫になりますが、
手縫いの場合は、縫う箇所が増えると面倒なので、私はだいたいこの工程は省いてしまっています(^^;)
小学校用ぞうきんの作り方

工程4:完成です♪



お疲れ様でした♪
小学校用のループつき雑巾は1枚のタオルから2枚作ることが出来ます♪
小学校用ぞうきんの作り方
※他にも雑巾の作り方を公開しています。
雑巾の作り方(幼稚園・小学校用)(一覧)