レシピ一覧はこちらから
サテンリボンで飾りリボンを作る方法

サテンリボンのほつれ防止の方法と、小さな飾りリボンを作る方法


* サテンリボンで小さな飾りリボンの作り方 *

簡単でかわいい飾り用のリボンの作り方を紹介します。

サテンリボンを使ってつくります。

ミシンがなくても手縫いで簡単に取り付けられます。

[ad#ad-1]

既製の入園入学グッズにあとからリボンだけ縫い付けてデコるのもかわいいです。

サテンリボンの作り方

今回はサテンリボンの白(9mm幅)と洗濯にも耐えられる手芸用ボンドを使います。
手芸用ボンドは100円均一ショップにもある場合がありますが、大抵は水にぬれると取れてしまうタイプのものですので、注意しましょう。
私は↓これを使っています。
・ボンド フエルト・布用/JAN4901490052455【手芸用接着剤】

フェルトにも使えるし、1つあると何かと便利です。
それでは以下詳しく作り方を紹介します。

[ad#ad-1]

* ステップ1(事前準備1) *

(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)
まずはリボンをカットします。私は8cmと3cmに切りました~。

サテンリボンの作り方
※必ず、少しななめにカットします。

サテンリボンは大変にほつれやすいです。作業している時に触るだけでどんどんほつれてくる可能性があります。なのですが、ほんの少しななめにカットするだけでほつれなくなります。

もしくは↓のようなピンキングはさみがある方はピンキングはさみで切るとほつれ防止になります。

※まっすぐ切りたい方はカットしたらすぐに手芸用ボンドで切り口を固めてしまいましょう~。

* ステップ2(作ってみよう!) *

工程1:リボン本体を作ります。

長いほうのリボンをわっかにして、手芸用ボンドで止めます。

工程2:リボンを止める部分を作ります。

短いほうのリボンを十字に置いて、手芸用ボンドで止めます。

裏返して、十字の上と下を、手芸用ボンドで止めます。

工程3:完成です♪

ボンドが乾けば出来上がりです♪

縫いつけはミシンでもOKですが、私は手縫いでつけます。
手縫いの場合は、リボンの裏に玉止めを作ったりしながら、表からみて縫い目が見えないようにとりつけます。
ボンドをつけて固くなっているところだけに針を通すようにしましょう。
通常サテンリボンは触ったり針を通したりするだけでどんどんほつれてしまって、手縫いで取り付けるのは難しいのですが、
ボンドを使うと固くなって、やや縫いづらいですが、針を通してもほつれなくなります。
手芸用ボンドは、透明なので目立たないし、耐水性なので、洗濯もできるのが魅力ですね♪
ミシンで縫う場合は、リボン止めの左右のきわを縫ってとりつけます。
私はレースつきランチョンマットの飾りに縫い付けました♪

※レースつきランチョンマットの作り方はレースつきランチョンマットの作り方をご覧下さい。

今回使用したものは
↓こちらのサテンリボン(オフホワイト)と

20492両面シルキーサテン白

20492両面シルキーサテン白
価格:315円(税込、送料別)

↓こちらの手芸用ボンド(ほつれ止め・耐水性・無色透明・洗濯可)です

※他にもリボンの作り方を公開しています。
布リボンの作り方(一覧)

[ad#co-1]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です