* 基本的なレッスンバッグのポケットの作り方(つけ方) *



お裁縫が苦手な方でも簡単で基本的なポケットの作り方&つけ方を紹介します。



ハンカチやティッシュを入れたりできるポケットの作り方です。

※レースつきポケットの作り方はレースつきポケットの作り方をご覧ください。
基本のレッスンバッグのポケットの作り方

* ステップ1(事前準備1) *



基本のレッスンバッグのポケットの作り方
まずは生地を裁断してみましょう。
(以下の分量は参考です。裁断はサイズをご自身でよく確認した上で、慎重におこなってください)
<材料>
大きいポケットを1つ作る場合は
・縦17センチ×横20センチの生地 1枚
(出来上がりは、縦14.5センチ×横18センチ)
小さいポケットを2つ作る場合は
・縦13.5センチ×横16センチの生地 2枚
(出来上がりは、縦11センチ×横14センチ)
※ポケットのサイズに決まりはないので、自由にアレンジしましょう♪
ハンカチ、ティッシュが出し入れしやすいサイズが目安です。
私はチャコペンと定規などで生地に直接線を引いて裁断します。(型紙は作らないです)
裁断したら、四方をぐるっと一周ロックミシンかジグザグ縫いをしておきましょう。
(※ジグザグ縫いとロックミシンについては、こちらを参考にしてください。)
☆サイズの計算方法
(本体を違うサイズで作る場合や型紙を作る場合の参考にしてください。)
出来上がりサイズが大きいサイズのポケット縦14.5センチ×横18センチなので、
それに上の縫い代を1.5cm、下左右の縫い代1cmを足します。
・縦14.5cm(出来上がりサイズ) + 縫い代(上) 1.5cm + 縫い代(下)1cm = 17cm
・横18cm(出来上がりサイズ) + 縫い代(左右) 2cm = 20cm
よって、今回は 縦17cm × 横20cm の布を1枚 用意します。


* ステップ2(作ってみよう!) *



工程1:ポケットを作ります。



ポケットの上部を1.5センチ折り曲げて、縫い代を作ります。
基本のレッスンバッグのポケットの作り方
※1.5センチに折った後、アイロンをかけてしっかり折り目をつけると縫いやすくなります♪
1.5センチ幅にキチンと折れているか、定規などをあてて確認しましょう!
ここがまっすぐ折れていないと、まっすぐ縫えない原因になります!
1.5センチの縫い代のきわ0.2cmを直線縫いします。(返し縫いも忘れずに…!)
基本のレッスンバッグのポケットの作り方
左右の縫い代1cmを内側に折り、次に下の縫い代1cmを内側に折ります。
基本のレッスンバッグのポケットの作り方
※「1センチを折り込む」ことよりまっすぐ折れているか、右と左の長さが違っていないか、を確認しましょう!!
※折り目をつけたら面倒でもしっかりアイロンをかけると後が楽です♪
レッスンバッグ本体にポケットを縫い付けます。
基本のレッスンバッグのポケットの作り方
※ポケットはまち針などでとめて縫いますが、縫っている途中でポケットがずれてしまったりするのが心配な場合は、面倒ですがしつけをすると楽に縫えます♪
※ポケットの入り口を丈夫にするために、縫い始めは三角に縫います。
↓生地は違いますが、こんな風に…。
基本のレッスンバッグのポケットの作り方
私は、ポケットの左上から縫い始め→下→横→右上へという順番で縫っています~
(※ミシンで縫う方向を変える方法についてはこちらを参考にしてください)
特に上手に三角に縫うのが難しいですが、ゆっくりどこへミシンを進ませていきたいか意識しながら縫いましょう☆
また、ポケットの四つ角も一番厚みがあり、縫いにくい場所です。
急に厚みが変わるので、針の方向が変わってしまうこともありますので、
四つ角も慎重に縫いましょう。

工程2:完成です♪



基本のレッスンバッグのポケットの作り方
ポケットをまっすぐキレイに縫うのは初めてのときはやや難しく感じましたが、
ポケットはあるととても便利なので、オススメします~☆
小さめのポケットを2つつける場合は同じ工程を2回繰り返してくださいね♪